皮膚に無理なしに長く延長させて自然に

短い鼻整形

手術時間 約1時間
麻酔方法 無痛麻酔(局所麻酔)
入院 なし
抜糸 5〜7日
回復期間 1〜2週間後に日常生活が可能

短い鼻の整形とは?

短くて上向きの鼻から顔と調和のとれた黄金比率の鼻に、短い鼻の整形

鼻が短くて鼻の穴が明らかに見える場合を短い鼻と呼ばれ、先天的に鼻の長さが短いか、以前に鼻の手術の副作用せいで短くなった場合などに生じる鼻の形です。このような短い鼻は洗練されてない印象を与えます。

ひどい場合には、鼻の皮膚、軟骨、鼻中隔などすべての内部組織を考慮しなければならない高難易度手術であるため、必ず長い経験での鼻の整形ノウハウを持つ専門医療陣に手術を受けるのが大事です。

Why? 短い鼻の原因は?

  • 生まれつきの場合 鼻、軟骨、皮膚などの発達が不十分な場合
  • 事故の後遺症 事故で鼻の鼻中隔軟骨が下がった場合
  • 間違った鼻の整形の場合 鼻の整形が間違って炎症が発生し、拘縮が生じた場合

おすすめ対象

Case 01

鼻が短いか、鼻の先端が上向きの場合

Case 02

顎の長さは正常だが、正面から見たとき鼻の穴が見える場合

Case 03

既存のに短い鼻矯正を受けたが効果をほとんど見られなかった場合

Case 04

鼻の手術後のプロテーゼが拘縮され獅子鼻になった場合

核心競争力

01

個人の顔にフィットオーダーメイド手術!

02

短く上向きの鼻先をより高く、洗練されたイメージで!

03

傷や腫れを最小限に!

04

豊富な経験の専門医療陣が直接手術行う!

What's this point?

  • ださいイメージの短い鼻を鼻柱から鼻先まで長くて高い鼻を作り、よりシックなイメージの顔に改善させます。
  • 鼻柱と鼻先の角度を正確に分析し、デザインした後繊細に手術を行い自然で立体的な鼻のラインを作っています。
  • 繊細な切開により組織の損傷を最小化し傷や腫れがほとんどなく日常生活への復帰が高速です。
  • 豊富な経験を持つ鼻の整形専門医療陣の十分な相談や診断と分析を通じて個人の顔に最も調和のとれた鼻を完成させます。

鼻整形の理想的な黄金比率

What is short nose surgery?
縦顔の比率が1:1:0.8
小鼻の幅と眉間の距離が同じで顔全体の0.8
What is short nose surgery?
額と鼻の間の角度が120〜140度であるとき
鼻と顎の先端が一直線に一致したとき
唇と鼻の柱がなす角度が95〜110度
鼻筋と鼻先の角度が45度程度であるとき
水平線と唇の角度が75〜80度のとき

手術方法

短い鼻の患者の場合、鼻先が上向きで鼻の穴が見えるようになって良い印象じゃない場合があります。ルビーの短い鼻矯正術は、鼻の長さ延長を通じて鼻の下の部分と上唇の角度を理想的な角度に合わせ、鼻の穴の露出を減らせる効果があります。

STEP 01

内側の骨格である軟骨の間を分離します。

様々な鼻の手術の方法のいずれ難しい手術が短い鼻と獅子鼻を長く伸ばせる手術です。

短い鼻は通常鼻が小さく鼻筋が短く鼻先部分がねじれた姿を見せます。ほとんど鼻の奥の支持構造の自体が短い場合が多いので、鼻先の軟骨を下に移動させ鼻の中の粘膜と外側の皮膚を同時に延長させて鼻の長さを伸ばせる手術が必要です。

STEP 02

新しい柱で長さを延長して分離させた軟骨を下方に下げて固定させます。

軟骨を調節するだけで鼻先長さを伸ばせるのが足りない場合

鼻中隔軟骨と小鼻軟骨の間に追加の軟骨移植を通じて鼻先の長さを確実に延長することができます。移植に使用される軟骨は普通鼻中隔軟骨であり場合によっては耳の軟骨や肋軟骨を使用したりします。

STEP 03

このような構造を覆うことができる皮膚を広く剥離して被せます。

鼻の柱が内側にくぼんたり、横から見たときの鼻の柱が小鼻より後ろの方向に入って目に見えない場合

鼻中隔軟骨の長さが適切なのかどうか、軟骨の大きさが適切なのかどうかを確認して鼻柱を前に取り出したり、鼻筋の長さを調節してくれる手術を並行するべきです。

安全優先患者中心

鼻整形ルビーじゃないとだめな理由!

What is short nose surgery?

1:1オーダーメード鼻の整形

患者別の鼻の状態を考慮して手術進行より自然で満足度の高い結果作り

安全麻酔リアルタイムモニタリングシステム

麻酔痛症医学科専門医常駐および1:1責任担当麻酔システム、手術後まで安定的であり、後遺症のない安全な手術志向

無菌消毒システム

スーパーウイルス及び各種感染危険から完壁に遮断及び予防徹底的な一日滅菌無菌消毒システムで安全確保

大学病院級応急医療システム

緊急状況に迅速な対応が可能な専門人力と大学病院級の先端装備保有