鼻の骨をスリムにし、シックなイメージへ

縮鼻術

手術時間 約30分
麻酔方法 無痛睡眠麻酔(局所麻酔)
入院 なし
抜糸 5~7日
回復期間 1~2週間後日常生活可能

縮鼻術とは?

鼻の骨をスリムにし、シックなイメージへ、縮鼻術

鼻骨が広くて印象がごつく見える場合、鼻骨の両方を骨折させて広さを減らせる手術法です。
鼻背が分厚いとか広くて鼻が大きく見える場合には鼻骨を内側から広さを減らせて高くてスリムな鼻筋を作ります。

What is osteotomy?

日本人の場合

男性-13mm, 女性-10mmが適当

おすすめ対象

Case 01

鼻背が広くて鼻が広がって見える場合

Case 02

鼻背が分厚くてはなが大きく見える場合

Case 03

鼻背が広く、鼻が低くて丸く見える場合

Case 04

鼻骨が広くてださい印象をシックな印象に改善したい場合

核心競争力

01

個人の顔に合わせたオーダーメイド手術!

02

スリムな鼻ラインにおしゃれなイメージ完成!

03

傷及び腫れ最小か!

04

豊富な経験のお持ちの医療陣直接手術を進める!

What's this point?

  • 丸くて横に広がった鼻を高くてスリムな鼻のラインに作ってよりシックなイメージにさせます。
  • 鼻背が広い場合単純に鼻筋を高くすると顔と似合わない結果になるので、必ず顔とのバランスを考えて鼻に合う厚さとラインを探すのが大事です。
  • 組織の損傷を最小化するため繊細な切開をするので傷や腫れが少ないので日常生活復帰が早いです。

鼻背が広い場合、単純に鼻を高めると顔とのバランスが不調和なので、もっと丸くて息苦しい感じを与えることになるので、必ず顔のバランスに合わせて鼻の厚さとラインを考えることが重要です。
正面から見たとき鼻背の線は両側眉毛の内側から始まって鼻の先端につながる二つの線が患者の顔の割合に比例する幅に見えるのが理想的です。
大きく広い鼻を美しくしてくれる縮鼻術は豊富な経験の成功ノウハウを持つ鼻の整形専門医療陣に手術を受けた方がいいです。

鼻整形の理想的な黄金比率

What is osteotomy?
縦顔の比率が1:1:0.8
小鼻の幅と眉間の距離が同じで顔全体の0.8
What is osteotomy?
額と鼻の間の角度が120〜140度であるとき
鼻と顎の先端が一直線に一致したとき
唇と鼻の柱がなす角度が95〜110度
鼻筋と鼻先の角度が45度程度であるとき
水平線と唇の角度が75〜80度のとき

手術方法

鼻骨が広くてごつく見える場合,鼻骨の両方を骨折させて広さを減らせる手術法です

STEP 01
鼻骨の内側を骨折させます。わし鼻の場合わし鼻の削除も並行します。
STEP 02
鼻穴の中を通して左右鼻境界を沿って骨折します。
STEP 03
骨折した鼻骨を鼻の柱に向かって集めています。
STEP 04
手術後の完全な固定のために副木を維持します。

昔は曲がったわし鼻手術の過程で鼻背を詰める手術が多く施行されたが、最近では鼻背を高めるための目的のためにも多く施行されています。
鼻背の幅を決定するのは鼻と外側の軟骨です。
この中でも鼻骨の形によって決定されるがこの時広く開いている形の鼻骨を内側に集める方法を使用して手術います。
鼻がひろくて平らな場合は鼻骨を内側に集めてくれる外側骨折手術法があります。
これは鼻骨の外側を沿って骨折幾を使用して骨にひびを出した後内側に集める特別な骨折術で、鼻骨を骨折した後内側に集める程度を調節して鼻の幅を減らすことができます。

安全優先患者中心

鼻整形ルビーじゃないとだめな理由!

What is osteotomy?

1:1オーダーメード鼻の整形

患者別の鼻の状態を考慮して手術進行より自然で満足度の高い結果作り

安全麻酔リアルタイムモニタリングシステム

麻酔痛症医学科専門医常駐および1:1責任担当麻酔システム、手術後まで安定的であり、後遺症のない安全な手術志向

無菌消毒システム

スーパーウイルス及び各種感染危険から完壁に遮断及び予防徹底的な一日滅菌無菌消毒システムで安全確保

大学病院級応急医療システム

緊急状況に迅速な対応が可能な専門人力と大学病院級の先端装備保有