熟練した専門医の正確な原因把握

鼻再手術

手術時間 手術の方法によって違う
麻酔方法 無痛睡眠麻酔
入院 なし
抜糸 5~7日
回復期間 1~2週間後日常生活可能

鼻の再手術とは?

豊富な経験を持つ医師のノウハウで心まで癒される、鼻再手術

鼻再手術の原因は通常鼻の形の不満や手術後に生じる問題によるのがほとんどです。
自分が希望する形と異なる場合には プロテーゼが高すぎる場合、プロテーゼが動く場合、手術部位に炎症が生じた場合等により鼻再手術が必要です。一度再手術後再び2次3次再手術を防止するためには鼻の再手術に豊富な経験を持つ専門医療陣に相談を受けて正確な診断と分析をして手術を行うべきす。

おすすめ対象

Case 01

鼻の手術後のプロテーゼが目立つ場合

Case 02

手術後の鼻が曲がって見える場合

Case 03

プロテーゼが動いてる場合

Case 04

手術後の鼻などや鼻の先端が赤くなった場合

Case 05

鼻筋が高すぎたり鼻筋の幅が非常に狭くなった場合

Case 06

拘縮にで鼻が上方向になったり、短くなった場合

Case 07

手術部位に炎症が生じた場合

核心競争力

01

正確な原因を把握!

02

個人に最適な手術方法を決定!

03

豊富な経験の専門医療陣が直接手術を行う!
鼻再手術の場合1次の失敗の原因を正確に分析して副作用を最小限にし、全体的な顔の調和を考えて手術を進めます。
ルビーの鼻の再手術は正確な原因分析と診断に基づいて繊細で洗練された手術を行うため手術後の満足度が高いです。

鼻整形の理想的な黄金比率

What is nose revision?
縦顔の比率が1:1:0.8
小鼻の幅と眉間の距離が同じで顔全体の0.8
What is nose revision?
額と鼻の間の角度が120〜140度であるとき
鼻と顎の先端が一直線に一致したとき
唇と鼻の柱がなす角度が95〜110度
鼻筋と鼻先の角度が45度程度であるとき
水平線と唇の角度が75〜80度のとき

タイプ別の手術方法

プロテーゼが透けて見える場合

プロテーゼが厚く鼻の輪郭と合わない場合、またはお肌が薄くなった場合プロテーゼが透けて問題が発生する可能性があります。このような場合プロテーゼの高さを下げたり、鼻骨輪郭によく合わせてプロテーゼを挿入します。皮膚が薄い場合には、人工真皮を利用してプロテーゼを包め改善します。

プロテーゼが動く場合

プロテーゼを鼻の骨膜下に入れず他の層に位置することになると鼻が動いてしまいます。このような場合プロテーゼを交換して通常の骨膜下方部分を確保して再手術を行います。

鼻筋が曲がった場合

鼻筋が高くて圧力を受ける鼻の先端部分を下げて圧力を軽減させ、曲がた軟骨の反対側に追加軟骨を補強して曲がらないように中心をとって矯正します。

鼻筋が高すぎたり小鼻の形が変形した場合

鼻全体が過度に高くなった場合プロテーゼを除去した後より本人に最適な高さのプロテーゼを挿入して矯正し、高い鼻先もプロテーゼを除去後鼻中隔軟骨、耳の軟骨などを選択して再手術をします。
鼻の穴がつぶれたり両方が非対称になった場合には両方の鼻の穴の間を正確に固定する手術をして適切な大きさと形の鼻てくります。

鼻の先端の形が変形した場合

鼻の端にある皮下脂肪が除去できなかったり、あまりにも広い軟骨を重ねた場合に発生することがあります。このような場合、皮下脂肪を除去しながらより幅が狭い軟骨を移植して鼻の先端をすらりとして自然に作ります。

拘縮のせいではなが上向きになったり短くなった場合

過度の鼻先の整形で持続的な炎症が進行された場合拘縮になります。皮膚下の傷組織の癒着を完全に解けて上向きになった鼻先の皮膚を下げた後、炎症に強い​​組織とか鼻中隔軟骨を利用して鼻先部分を支えます。

鼻の再手術が可能時期

  • 一般的に、1次手術後6ヶ月程度過ぎた後に正しく判断することができるので手術後6ヶ月が経過した後手術をお勧めします。
  • 簡単に鼻を高める隆鼻術をした場合は手術後3ヶ月以内でも再手術が可能です。
  • 炎症が生じた場合は一旦プロテーゼを除去し炎症が完全におさまったことを確認した後再手術を行います。

安全優先患者中心

鼻整形ルビーじゃないとだめな理由!

What is nose revision?

1:1オーダーメード鼻の整形

患者別の鼻の状態を考慮して手術進行より自然で満足度の高い結果作り

安全麻酔リアルタイムモニタリングシステム

麻酔痛症医学科専門医常駐および1:1責任担当麻酔システム、手術後まで安定的であり、後遺症のない安全な手術志向

無菌消毒システム

スーパーウイルス及び各種感染危険から完壁に遮断及び予防徹底的な一日滅菌無菌消毒システムで安全確保

大学病院級応急医療システム

緊急状況に迅速な対応が可能な専門人力と大学病院級の先端装備保有