広くてにぶく見える小鼻、スリムでシックに

小鼻縮小術

手術時間 約20分
麻酔方法 無痛睡眠麻酔(局所麻酔)
入院 なし
抜糸 5〜7日
回復期間 1〜2週間後に日常生活が可能

小鼻縮小術とは?

小鼻を減らし顔と釣り合っている鼻に完成、小鼻縮小術

鼻の穴が大きすぎて小鼻が広く見えるときれいな鼻の形には見えません。
小鼻が大きく横に広がっている場合、低い鼻じゃなくても低く見えて鼻の穴が大きく見えます。このような場合、鼻を高める手術をしても解決できません。鼻の形に応じて適切な鼻の穴の形に作るのが小鼻縮小術です。

小鼻縮小術を通じて小鼻の全体的な広さを減少させ理想的な鼻の形を作ります。ルビーの小鼻縮小術は広がっている全体的なサイズを減らして鼻の穴を小さく見えるように作りシックなイメージにします。

おすすめ対象

Case 01

小鼻が広すぎて悩みである場合

Case 02

鼻筋は高いけど鼻の先端がまるくて広がって見える場合

Case 03

小鼻が広くて鼻の穴が大きく見える場合

Case 04

全体的に小鼻の形が顔と釣り合わない場合

核心競争力

01

個人の顔にフィットオーダーメイド手術!

02

広く鈍い印象でシックなイメージに!

03

自然で立体的なライン!

04

豊富な経験の専門医療陣が直接手術行う!

What's this point?

  • 精密に分析し両方小鼻サイズを対称に見えるように縮小して広くて鈍く見える印象を洗練されたイメージに作ります。
  • 鼻筋と鼻先の角度を正確に分析してデザインし繊細に手術を行い立体的な鼻のラインを作ります。
  • 繊細な切開をして組織の損傷を最小化し、傷や腫れがほとんどなく日常生活への復帰が高速です。
  • 豊富な経験を持つ鼻の整形専門医療陣の十分な相談と分析を通じて個人の顔に最もふさわしい鼻を完成します。

鼻整形の理想的な黄金比率

What is alar reduction surgery?
縦顔の比率が1:1:0.8
小鼻の幅と眉間の距離が同じで顔全体の0.8
What is alar reduction surgery?
額と鼻の間の角度が120〜140度であるとき
鼻と顎の先端が一直線に一致したとき
唇と鼻の柱がなす角度が95〜110度
鼻筋と鼻先の角度が45度程度であるとき
水平線と唇の角度が75〜80度のとき

手術方法

小鼻は広すぎる場合印象がにぶく見る可能性があります。

STEP 01

小鼻を沿って小さな切開溝を作ります。

STEP 02

切開を沿って小鼻の一部を切除した後縫合を行います。

STEP 03

このような構造を覆うことができる皮膚を広く剥離して覆います。

顔バランスに考え小鼻を減らせることがノウハウ!

小鼻縮小の
point!

鼻の下から見た時の鼻の形は正三角形の形が最も理想的な鼻の形!

安全優先患者中心

鼻整形ルビーじゃないとだめな理由!

What is alar reduction surgery?

1:1オーダーメード鼻の整形

患者別の鼻の状態を考慮して手術進行より自然で満足度の高い結果作り

安全麻酔リアルタイムモニタリングシステム

麻酔痛症医学科専門医常駐および1:1責任担当麻酔システム、手術後まで安定的であり、後遺症のない安全な手術志向

無菌消毒システム

スーパーウイルス及び各種感染危険から完壁に遮断及び予防徹底的な一日滅菌無菌消毒システムで安全確保

大学病院級応急医療システム

緊急状況に迅速な対応が可能な専門人力と大学病院級の先端装備保有