ごついあごのラインをキレイなvラインに

強い印象を優しい印象に!美しいvライン完成!

エラ縮小術

手術時間 約1時間
麻酔方法 全身麻酔
入院 なし
抜糸 After 7-14 days
回復期間 1〜2週間後に日常生活が可能

エラ縮小術とは?

顔と似合うキレイで素敵なvライン、エラ縮小術

一般的に、人の顔形は個人ごとに違ってあご矯正のための手術のためには、患者個人の顔型と骨に適切なオーダーメードあごの手術が必要です。

顎の左右が突出して顔が四角形である場合、女性も男性のように強くて頑固に見えタサイ印象になるため、矯正が必要です。このようなあごを矯正する場合、強い印象が柔らかくなるだけでなく、首が長く見える効果を同時に得ることができます。

おすすめ対象

Case 01

下顎が広くて顔が大きく見える場合

Case 02

顎が平均より長かったり、非対称である場合

Case 03

横顔の顎が角張って見える場合

Case 04

下の顎のラインが扁平な場合

核心競争力

01

側面だけでなく、正面まで綺麗な小顔!

02

キレイで素敵なvライン完成!

03

安全な手術と早い回復!

04

数年の手術ノウハウと豊富な経験の専門医療陣が直接手術を行う!
  • 角張ったあご骨だけ切らずに骨の厚さまで減します!
    ルビーのエラ縮小術は、角張ったあご骨を切る既存のあごの手術とは異なり、皮質骨切除術で骨の厚さまで一緒に減らせるため、実際の顔の横幅が減って確実に顔が小さくなる効果を得られます。
  • 角張った顎と前顎まで一緒に手術を行い、さらに細い顔を完成します!
    角ばった顎だけでなく、顎まで切除して、正面の効果を高めます。場合によってt骨削りを通じて前顎の骨の幅を減らし、あご先を集めことで、どの角度から見ても美しいvラインを作ります。
  • 神経線を避けて安全に手術を行います。
    既存のあごの手術のように顎を一直線に切る方法は、医師の実力に応じて大変な結果になります。顔面輪郭手術は神経が位置している顎を切除する高難易度の手術なので、神経を触れずに、成功的な手術結果を得るためには数年の豊富な経験を持つ専門医療陣に手術受けることをお勧めします。
正確な顔の構造を把握
適切な骨切除
繊細なの手術進行
バランスよく美しい顎ライン

エラ縮小術の手術の種類

T-骨切り術

-t骨切り術は、あご先の骨をt字骨切りした後、突き出た真ん中の部分を除去した後、顎を集め、顎の線を整える手術方法です。t骨切り手術法は、あご先の幅と長さはもちろん、必要に応じて調整することができ、あご先幅が広いか長い場合、またはあご先の前後位置が合わない場合にもあご先の割合を合わせてア顎のラインを滑らかに整える手術方法です。

V-骨切り術

V-骨切り術は顎先の骨を逆v字で骨切りした後、中間部分を除去した後、あご先の骨を集めて顎のラインを整える手術法です。V-骨切り術を通じてあご先の幅と長さはもちろん、前/後方移動まで調節することができるので、あご先の幅が広い場合、あごが長い場合、あご先の前後位置が合わない場合にもあご先の割合を合わせてアゴの線を滑らかに整えることができます。V-骨切り術は一般のあごの手術とは異なり、正面と側面の効果を同時に見ることができる手術方法です。

ㅅ骨切り術

ㅅ骨切り術は顎の先の長さが長い場合進行する手術法で、あごの先をㅅ骨切りした後、顎の長さまで調節が可能なので、より長細いvラインを完成することができます。

皮質骨切除術

私たちの顔の骨の構造は、外皮質骨、海綿骨、内皮質骨の3層構造で構成されています。皮質骨切除術は三重で重なっている骨の中で一番外側の皮を切り離す手術を言います。皮質骨は、皮膚に最も近いところに位置しており、単純に切除した場合、デコボコになる2次副作用が発生することもありますので、必ず熟練した専門医のノウハウが必要です。

下顎角切除術

下顎角切除術とは下顎の骨が耳の下で角張って曲がる部分を言い、この部分の両側の顎が大きく出てきた人ほど、手術の効果があります。角張って見える部分の骨を切るため、顔の横ラインが柔らかくなって、正面から見ても、鼻から下顎角までの距離が狭くなって顔が小さくてやや長めに見える効果があります。下顎角切除で最も重要なことは、手術の前に徹底的な計画を通じてどのような形と大きさでカットするのかを確実に決め、これを手術にそのまま適用して計画したサイズと形で正確なカットをすることです。

安全第一の患者中心

顔面輪郭、ルビーでなければする理由!

What is squared jaw reduction?

1:1オーダーメード目の整形

患者別の目の状態を考慮して手術進行より自然で満足度の高い結果作り

無菌消毒システム

スーパーウイルス及び各種感染危険から完壁に遮断及び予防徹底的な一日滅菌無菌消毒システムで安全確保

大学病院級応急医療システム

緊急状況に迅速な対応が可能な専門人力と大学病院級の先端装備保有

安全麻酔リアルタイムモニタリングシステム

麻酔痛症医学科専門医常駐および1:1責任担当麻酔システム、手術後まで安定的であり、後遺症のない安全な手術志向

3d-ct診断および立体精密分析

顔面立体的な精密分析を通じて、手術の結果、精密予測と正確な手術プランの確立

事後管理プログラム

早い回復と最高の手術結果を得るため、手術後段階的オーダーメイド事後管理プログラム運営

3d-ctを通じた立体精密分析

大学病院級3d-ct機器を通じて顔の骨の形、筋肉、顔面神経位置の3次元的に画像を分析して、患者の顔の状態を精密分析します。これにより、手術後の結果を予測することができ、適切な手術方法と範囲など精巧な手術プランを立てることができます。

What is squared jaw reduction?