不癒合と頬の弛みを最小化

スピードで安全に童顔完成!

スピード頬骨縮小術

手術時間 約1時間
麻酔方法 睡眠麻酔
入院 なし
抜糸 1~2週間後
回復期間 3~4日後日常生活可能

スピード頬骨縮小術とは?

頬の弛みの心配なしに小さくて、キレイな童顔の顔に、スピード頬骨縮小術

頬骨は人の顔にあってボリュームがあって見える部位の中で一つです。前頬骨が適当あればボリュームのある綺麗な顔になりますが、過度に前頬骨、横頬骨、45度頬骨が発達した場合には、印象が強く見えてださい印象を持つようになります。
既存の非固定式 スピード頬骨縮小術は不癒合と頬の弛み、再発などいろんな副作用を誘発したが、Rubyでは再発、副作用のないスピード頬骨縮小術をしています。ス

スピード頬骨縮小術は睡眠麻酔を通じてもみあげ、頭皮切開を同時手術を進めて頬骨を引っ込める手術方法です。

What is quick cheekbone reduction?
チェックポイント

“私の頬骨の問題点は?”

45度頬骨
目尻下にふくらんでいる場合ださい印象を与えます。
横頬骨
顔の横の幅が広くて大きく見えます。
前頬骨
適当なボリュームのある顔は立体的に見え小さく見えたが25度頬骨が過度に発達した場合強くてださい印象を与えます。

おすすめ対象

Case 01

頬骨が発達して顔が全体的に大きく見える場合

Case 02

角ばった顔で男性的な印象に見えたり印象が荒く見える場合

Case 03

骨手術と全身麻酔に抵抗がある場合

Case 04

すぐに顔縮小効果を得ようとする場合

頬骨縮小術
誤解と真実

Q1. 非固定式に手術を進行すると骨が開かれる?

固定式頬骨縮小術

    突出した頬骨を骨折させて、内側に位置移動をした後、耳の前方の骨の中に入れて、透明プレートとネジを使って固定される方式

非固定式頬骨縮小術

    突出した頬骨を骨折させて、内側に位置移動をした後、耳の前方の骨の中に入れて、自然に固定される方式

そうではないです。

手術後に骨が開かれるのは固定式頬骨手術方法にも見える問題です。固定式手術方法とは言え骨が完全に癒合されるのではありません。非固定式頬骨手術は骨膜にボタンタイプで固定させて時間が経つにつれ自然にゆこう癒合されます。

ルビー整形外科は多くのスピード手術のノウハウで非固定式に関して誤った先入観を破ります。

Q2. 睡眠麻酔で骨の手術を進行すると危険である?

そうではないです。

口の中の切開で手術する場合、出血が喉に入る危険性のために全身麻酔をすることになります。
しかし、スピード頬骨手術はもみあげ頭皮を切開して手術するため、睡眠麻酔で進行しても安全です。

Q3. スピード頬骨手術で手術する場合肉のたるみがすぐに来る?

そうではないです。

肉弛みが来る場合は、剥離をした場合、可能性が高くなります。スピード頬骨は、少なくとも5mm切開で最小限のスペースを作って狭い剥離に進行するため、肉のたるみはほとんど生じません。

核心競争力

01

面だけでなく、正面まで細長くて小顔!

02

早くて安定に童顔の顔完成!

03

組織の損傷の最小化で早い回復!

04

数年間の手術ノウハウと豊富な経験の専門医療陣が直接手術進行!
  • 早い!
    手術時間が20分内外、当日退院、手術後すぐに日常生活が可能です。
  • 最小切開!
    最小5mm切開、もみあげ頭皮切開で傷が少ないです。
  • 安定!
    筋膜自然癒着に固定プレートが挿入されず、異物感がなく、不癒合と頬の弛みがほとんどありません。
  • 正確な手術計画と確実な手術の結果!
    3D-CTを通じて骨格に合わせた正確な手術計画を立てて、さまざまな手術の経験、事例を通じたノウハウで、効果的な手術を行います。

手術方法

45度頬骨と横の頬骨部位の骨を骨折させます。

骨折させた部位を回転させて内側に引っ込めます。

骨膜にボタン形式で自然固定します。

安全第一の患者中心

顔面輪郭、ルビーでなければする理由!

What is quick cheekbone reduction?

1:1オーダーメード目の整形

患者別の目の状態を考慮して手術進行より自然で満足度の高い結果作り

無菌消毒システム

スーパーウイルス及び各種感染危険から完壁に遮断及び予防徹底的な一日滅菌無菌消毒システムで安全確保

大学病院級応急医療システム

緊急状況に迅速な対応が可能な専門人力と大学病院級の先端装備保有

安全麻酔リアルタイムモニタリングシステム

麻酔痛症医学科専門医常駐および1:1責任担当麻酔システム、手術後まで安定的であり、後遺症のない安全な手術志向

3d-ct診断および立体精密分析

顔面立体的な精密分析を通じて、手術の結果、精密予測と正確な手術プランの確立

事後管理プログラム

早い回復と最高の手術結果を得るため、手術後段階的オーダーメイド事後管理プログラム運営

3d-ctを通じた立体精密分析

大学病院級3d-ct機器を通じて顔の骨の形、筋肉、顔面神経位置の3次元的に画像を分析して、患者の顔の状態を精密分析します。これにより、手術後の結果を予測することができ、適切な手術方法と範囲など精巧な手術プランを立てることができます。

What is quick cheekbone reduction?