正しく簡単に滑らかなvラインの顔完成!

耳裏エラ縮小術

手術時間 約30分~1時間
麻酔方法 睡眠麻酔
入院 なし
抜糸 After 7-14 days
回復期間 1〜2週間後に日常生活が可能

耳裏エラ縮小術とは?

顎のラインの角張って突き出た骨なしに、なめらかvラインで、耳裏エラ縮小術

一般的に、人の顔形は個人ごとに違ってあご矯正のための手術のためには、患者個人の顔型と骨に適切なオーダーメードあごの手術が必要です。顎の左右が突出して顔が四角形である場合、女性も男性のように強くて頑固に見えタサイ印象になるため、矯正が必要です。
このようなあごを矯正する場合、強い印象が柔らかくなるだけでなく、首が長く見える効果を同時に得ることができます。既存のあごの手術は、口の中の粘膜を切開して骨を切開する方法で手術後の回復が遅く、切開部分が治癒するまで、食事ができなかった。

ルビー整形外科で施行する耳裏エラ縮小術は、耳裏を2cm程度切開して、顎の骨を切除する方法で、既存のエラ縮小術に比べ簡単な手術です。非対称の顔の場合も、両方の顔の骨の形やラインを正確に考慮して手術を行います。

おすすめ対象

Case 01

正面では大丈夫だが、横から見たときの顎の後に角張っている場合

Case 02

既存の口の中切開手術法に抵抗のある場合

Case 03

エラがひどくない場合

Case 04

早い回復をしたい場合

核心競争力

01

側面だけでなく、正面まで綺麗な小顔!

02

早くて簡単にキレイで素敵なvライン完成!

03

安全な手術と早い回復!

04

数年の手術ノウハウと豊富な経験の専門医療陣が直接手術を行う!
  • 睡眠麻酔で手術が行われて、口の中の切開をしていないため、出血や腫れが非常に少ないです。
  • 手術後の入院が必要なく、手術後の傷跡がほとんどありません。
  • 週末手術後の月曜日出勤が可能なほど日常生活に復帰が高速です。
  • 内視鏡手術をするため、手術時の視界確保が大きくて正確な手術が可能です。

手術方法

3D-CTを痛じて精密分析した後、切開する顎の形とラインをデザインします。

睡眠麻酔後の耳の後ろの皮膚を2CM程度の少量切開します。

手術用特殊トップを利用して、角張った骨の部分を精巧にカットします。

綺麗なvライン完成

耳裏エラ縮小術の場合、口の中を切開しないので、手術後すぐに食べ物の摂取と歯磨きが可能です。腫れが早く落ち、回復が早いのが長所です。

安全第一の患者中心

顔面輪郭、ルビーでなければする理由!

What is Mandible reduction?

1:1オーダーメード目の整形

患者別の目の状態を考慮して手術進行より自然で満足度の高い結果作り

無菌消毒システム

スーパーウイルス及び各種感染危険から完壁に遮断及び予防徹底的な一日滅菌無菌消毒システムで安全確保

大学病院級応急医療システム

緊急状況に迅速な対応が可能な専門人力と大学病院級の先端装備保有

安全麻酔リアルタイムモニタリングシステム

麻酔痛症医学科専門医常駐および1:1責任担当麻酔システム、手術後まで安定的であり、後遺症のない安全な手術志向

3d-ct診断および立体精密分析

顔面立体的な精密分析を通じて、手術の結果、精密予測と正確な手術プランの確立

事後管理プログラム

早い回復と最高の手術結果を得るため、手術後段階的オーダーメイド事後管理プログラム運営

3d-ctを通じた立体精密分析

大学病院級3d-ct機器を通じて顔の骨の形、筋肉、顔面神経位置の3次元的に画像を分析して、患者の顔の状態を精密分析します。これにより、手術後の結果を予測することができ、適切な手術方法と範囲など精巧な手術プランを立てることができます。

What is Mandible reduction?