正確な診断で正確な原因を把握!

再手術のノウハウで確実に矯正

目の再手術

手術方法に応じて異なる
麻酔方法 無痛睡眠麻酔(部分麻酔)
入院治療 なし
抜糸 7日
回復期間 1〜2週間後の日常生活が可能

目の再手術とは?

豊富な手術経験とノウハウで、心まで癒される、目の再手術

目の手術が失敗した場合、ラインと形を変更したい場合、再手術で希望する形に改善すさせる手術です。
だいたい、二重のラインが大きく厚い場合、左右の二重のラインが非対称である場合には、二重まぶたが解けた場合など、再手術を検討する理由はさまざまです。

再手術は原因を正確に判断し、それに合った手術法を選択するのが必要なので、経験豊富な専門医療陣に施術受けると、2次再手術を防ぐことができます。

おすすめ対象

Case 01

二重まぶたの両方が非対称である場合

Case 02

既存の二重まぶた手術の傷があまりにもひどい場合

Case 03

二重まぶたが解けた場合

Case 04

腫れた組織がそのまま残ってソーセージ二重まぶたになった場合

核心競争力

01

正確な原因を把握!

02

個人に最適な目成形法決定!

03

豊かな経験を持った医療陣が行う手術!

What's this point?

目整形は最も一般的に行われるますが、その分再手術の割合も高い整形手術です。
1mmの微細な違いが大きな結果の違いを作るため、高難易度の繊細な技術が必要な手術です。

目の再手術の場合、1次手術ですでに組織が損傷されており、矯正するのが難しいため、目の手術について豊富な経験と実力のある専門医療陣に施術されることをお勧めします。

タイプ別の手術方法

二重まぶたが過度に厚い場合

通常の場合、手術後には瞼が厚く見えることがありますが、6ヶ月が過ぎて1年になっていく時点までも腫れて見える形の場合、再手術を考慮する必要があります。
ラインを過度に大きくデザインしたり、不要な脂肪組織が多い場合手術を失敗する可能性が多いです。
再手術時、高さを減し、傷の組織と脂肪組織を除去します。

二重まぶたの左右が非対称の場合

基本的に人々は、左右の目の形に少しずつ違いがある場合がほとんどなので、急いで再手術をきめなくてもいいですが、時間が過ぎたのにもかかわらず、左右非対称がひどく見える場合には考えた方がいいです。
通常二重まぶた片方だけ解けて非対称になった場合とラインの高さが異なる場合が最も多く、一方または両方を矯正する手術をして対称にします。

手術後何の変化がない場合、むしろ目の大きさが小さく見える場合

この場合は眼瞼下垂を見落として手術をしたとか、目の長さが短いにもかかわらず二重のラインだけあり、目がとても丸く見える場合です。
これは眼瞼下垂矯正や目頭切開、目尻切開などで目の長さを長く伸ばして矯正するのが可能です。

二重まぶたのラインの傷がひどく残っている場合

ほとんどの二重まぶた手術の傷跡は3〜6ヶ月が経過すると汚れるのが一般的ですが縫合プロセスのエラーやケロイド体質の場合、傷が残っている場合があります。
ケロイド体質ではない場合には、傷を切除した後、筋肉と皮膚を精巧にミシン合わせることにより、校正が可能です。

二重まぶたのラインが薄すぎるとかラインが重なって見える場合

手術時とは違って時間が経つにつれ、二重まぶたが下がることがあります。この場合、既存のラインを解かし、新しいラインがを作れば解決されます。
ラインが重なって見える場合も、既存のラインを除去して、新しいラインお作ってくれれば解決できます。

本人に似合わない不自然な二重まぶたの場合

二重のライン自体は問題がないが、本人の顔に合わない二重まぶたになってしまった場合でも、再手術をして私に最適な自然な二重まぶたのラインを完成することができます。

目の再手術が可能時期


- 一般的に1次手術後6ヶ月程度経過すると正しく判断することができるので、手術後6ヶ月が経過した後の手術をお勧めします。

- 傷跡が柔らかくなって、その部位が赤くない時がいいです。

- 炎症が生じた場合には、炎症が完全におさまった後可能です。

- 状況によって、1年が経過しなければならない場合もあります。

- 手術直後から結果が良くない場合には、2週間以内に再手術をすることが正しいです。

安全優先患者中心目盛型

ルビーじゃないとだめな理由!

What is eyes revision?

1:1オーダーメード目の整形

患者別の目の状態を考慮して手術進行より自然で満足度の高い結果作り

安全麻酔リアルタイムモニタリングシステム

麻酔痛症医学科専門医常駐および1:1責任担当麻酔システム、手術後まで安定的であり、後遺症のない安全な手術志向

無菌消毒システム

スーパーウイルス及び各種感染危険から完壁に遮断及び予防徹底的な一日滅菌無菌消毒システムで安全確保

大学病院級応急医療システム

緊急状況に迅速な対応が可能な専門人力と大学病院級の先端装備保有